SIMロックって何?という方のためのSIMロックの解除のまとめ

SIMロックとは、他社のSIMカードが使えないようにスマホをロックしていることです。

国内で販売されているスマホにはほとんどがSIMロックがされています。

SIMロックを解除することのメリット

SIMロックを解除するといいことがあります。逆に言えば悪い点が見つかりません。

キャリアの窓口で手続きをすると3,000円の事務手数料がかかりますが、Webで自分で手続きをすれば無料です。

好きな格安SIMに移行できるようになる

MVNOが借りている通信回線がどこのキャリアか気にせずに好きなプランを選べるようになります。

たとえばSoftbankで購入したiPhoneをエンタメフリープランのあるBIGLOBEモバイルで契約して使用するようなことができます。

海外のSIMも使えるようになる

海外に行くときにも便利になります。

いま使用しているスマホをそのまま海外へ持って行って現地のSIMカードを購入すれば、SIMカードを差し替えるだけでそのまま通話やデータ通信ができます。

ほかのキャリアのSIMカードを使える

他のキャリア(格安SIM業者など)に乗り換えるときに、そのまま使い慣れたスマホを使用して契約だけを他社に移行することができます。

スマホを買いなおす必要がなくなるので乗り換えのハードルがかなり下がるので本当に自分にあったプランを選ぶことができるようになります。

中古で売却するときに有利

スマホを売却するようなことになったとき、買取店によってはSIMロック解除済みのほうが高額になることを明言している場合もあります。

自分でやれば無料でできるのでSIMロック解除はしといて損はありませんね。

SIMロック解除する際の費用

相場は3,000円の事務手数料ですが、無料でできる方法もあります。

あまり深く考えないとスマホを購入したキャリアの窓口へ手続きにいってしまいますが、そうすると3,000円の事務手数料がかかってしまいます。

ですが、条件をクリアしていれば無料でSIMロック解除できる方法があります。

SIMロック解除の方法

SIMロック解除の方法は3つあります。

        

  1. Webで自分で手続きをする
  2. 契約しているキャリアの窓口で手続きをする
  3. 契約しているキャリアへ電話で手続きをする(docomoのみ対応)

Webで自分で手続きする ⇚おすすめです

Webであればオンラインで手続きできるので自宅で自分の好きなタイミングで申込ができるのでおそすめです。

しかも無料です!

契約しているキャリアの窓口で手続きをする

SIMロック解除は契約しているキャリアで手続きができます。

店頭に行く手間と混雑している窓口をクリアする必要があります。

さらに3,000円の手数料がかかります。

SIMロック解除の受付条件

docomoの場合

  1. ネットワーク利用制限、おまかせロック等の各種ロックがかかっていないこと
  2. 契約者ご本人の購入履歴がある機種であること
  3. 購入日から100日経過した機種であること
  4. ※ただし、以下の場合は100日を経過していない場合でも即時にSIMロック解除の手続きが可能となります。
    ①当該回線において、過去にSIMロック解除を行っており、その受付から100日経過した場合
    ②当該機種を一括払いでご購入、または分割払いでご購入され、その分割支払金/分割払金のご精算をされた場合
    (いずれも端末購入サポートを利用されている場合は、端末購入サポートの解除料をお支払いいただくことが必要です。)
    回線契約期間中に受付したSIMロック解除が対象です。
  5. 既にドコモを解約済の方は、解約日から100日経過していないこと

auの場合

  1. 2015年4月23日以降に発売されたSIMロック解除機能対応の機種であること。
  2. SIMロック解除対象機種一覧のご確認はこちら

  3. 契約者ご本人さまの購入履歴があること。
  4. ネットワーク利用制限中のau携帯電話でないこと。
  5. 機種購入日から101日目以降であること。
  6. ただし、以下の場合は機種購入日から100日以内でもSIMロック解除の手続きが可能となります。
    当該機種を一括払いでご購入いただいている場合
    ※au購入サポートなど(ご購入機種の継続利用および適用条件の継続契約を条件として、機種のご購入代金の一部を当社が負担する施策)が適用されている機種については、機種購入日から100日以内の場合はSIMロック解除の手続きが行えません。(2018年1月16日以降適用開始予定)
    対象回線におけるSIMロック解除実績※があり、前回のSIMロック解除受付日から101日目以降の場合
    ※2017年7月11日以降に受付したSIMロック解除が対象です。
  7. 当社の回線契約を解約済みの場合は、解約日から100日以内であること。
  8. ※機種購入日当日を「1日目」とします。
    ※ご購入いただいた機種は、機種購入日の翌日に購入履歴に反映されます。
    ※上記の条件を満たしている場合でも、故障がある場合は修理完了後のお手続きとなります。また、ご利用料金を滞納中の場合は当該料金のお支払完了後のお手続きとなります。

Softbankの場合

  1. 2015年5月以降に発売された機種(SIMロック解除機能を搭載したものに限ります)のSIMロック解除は、購入日(当社システムにて記録されている販売日など)より101日目以降の場合に受付可能です。
  2. ※ただし、以下3つの条件すべてに当てはまる場合は、機種購入日から100日以内の場合でもSIMロック解除の手続きが可能です。
    ①2017年12月1日(金)以降に、機種変更前の対象回線でSIMロック解除を行ったことがあること
    ②前回のSIMロック解除受付日から101日目以降であること
    ③前回のSIMロック解除を行った機種が2015年5月以降に発売された機種であること
  3. 製品の分割支払金/賦払金を一括精算した場合や、製品を一括購入された場合に受付可能です(ただし、一部の一括販売キャンペーンで購入された製品の場合、SIMロック解除をお断りする場合があります)。
  4. ネットワーク利用制限製品については、解除のお手続きをすることができません。
  5. 対象の製品を契約されていたご本人さまに限り可能です。
  6. 解約済み製品のSIMロック解除のお手続き可能期間は、解約後90日以内となります。また、解約済み製品のSIMロック解除のお手続きは、契約されていたご本人さま限り可能です。
    安心遠隔ロックなど製品の機能を制限するサービスをご利用の場合は、これらのサービスを解除後にお手続きをさせていただきます。
    対象の製品に故障や水濡れがある場合は、SIMロック解除のお手続きができません。故障修理などが完了してからのお手続きとなります。
    他社へのりかえ(MNP)または、ワイモバイルへ番号移行(MNP契約)し、ご利用中の携帯電話機器を継続利用される場合は、のりかえ(MNP)や番号移行(MNP契約)の転出手続き前に必ずSIMロック解除を実施してください。のりかえ(MNP)や番号移行(MNP契約)転出後のSIMロック解除は、ソフトバンクショップのみでのお手続き(有料)となります。

SIMロック解除ができるタイミング

  • 一括購入の場合…即日SIMロック解除が可能
  • 分割購入の場合…購入から101日目以降から可能

以前のように半年という期間は撤廃されていて、一括で購入した端末はなんと即日でSIMロックが解除できるようになりました。

注意点

SIMロック解除をしてもキャリアによって使用している周波数帯が異なるので使えない場合があります。

格安SIMに移行するときはよく調べてからのほうが良いでしょう。

iPhoneであれば各キャリアで対応状況を細かく発表していますので調べるのは簡単だと思います。

まとめ

とりあえずキャリアで購入したスマホならSIMロック解除をしといて損はないでしょう。

2年縛りなどで大手キャリアに縛られていなければ本当に自分にあったプランをしかも格安で契約できるかもしれません。

通信費を下げたいならまずはSIMロック解除ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする